iTunes Storeで発売中!!


青拓美のボイスレッスン《基礎》


podcast「青 拓美のボイスレッスン」のお誘い(無料)

青先生からのメッセージです。




第1章 呼吸・腹式と胸式の違い 第7章 声量・基本訓練 第13章 下半身の鍛え方
第2章 正しい姿勢で呼吸 第8章 響きが豊かな身体 第14章 滑舌
第3章 喉を傷めない発声 第9章 声域 声の幅の広さ 第15章 滑舌を良くする
第4章 姿勢の細かいチェック 第10章 声域を拡大する 第16章 ま行・さ行の練習
第5章 横隔膜運動 第11章 声の音色 第17章 は行集中レッスン
第6章 声量 第12章 声の出やすい体 第18章 口元・舌


第1章~第18章
第1章~18章をまとめ、お求めになりやすい価格にしました。
                                   2500円







第1章「呼吸・腹式と胸式の違い」
第1章では、腹式呼吸と胸式呼吸の違いを分かりやすく説明。

お腹をただ動かせば腹式呼吸だと思い込んでいませんか?

「体育の深呼吸は間違っている」と言う考え方から、青拓美先生

独自の理論を展開しています。先生の指導通り、息をしてみましょう。

自然に腹式呼吸ができるようになります。


第2章「正しい姿勢で呼吸」
第2章では、正しい姿勢をチェックしていきます。

身体が、どちらかに偏っていませんか? 

美しい立ち方こそ、健康にもつながり、声も出てくるのです。

先生の指導通りに、体を動かしてみましょう。

最後には、正しい姿勢で立って横隔膜呼吸をしているはずです。


第3章「喉を傷めない発声」
第3章は、腹式呼吸と胸式呼吸を理解して頂いた方に向けた

実践編です。

先生のピアノ・歌に合わせて一緒にレッスンしましょう。

先生について声を出していけば、だんだん声が出るようになります。

肩甲骨がポイントです。


第4章 姿勢の細かいチェック
第4章では、先生が皆さんの横に来たり、後ろに行ったり、

立体的な音声で指導。正しい姿勢を細かくチェックしていきます。

(全身が見える鏡を用意していただくとベストです。)

先生の指導通りに、体を動かしてみましょう。

最後には、正しい姿勢で立って横隔膜呼吸ができるようになります。


第5章 横隔膜運動
第5章では、姿勢のチェックポイントが分かった方を対象に

レッスンします。音を分割しながらお腹を動かす方法、

お腹を柔らかくするポイントを説明しています。

先生のあとについて声を出していきましょう。

このページのTOPへ。 


第6章 声量
第6章では、声を豊かに響かせる方法を、理論と実践を交えて

お話します。声帯を痛めずに大きな声が出せる秘訣が分かります。

このページのTOPへ。 


第7章 実践 声量・基本訓練
第7章は、大きく豊かな声を出すためのポイントである

「声帯の揺れ」を学ぶ実践篇です。体全体を使って「声帯の揺れ」を

感じてください。この章ではあなたの地声のキー(高さ)を

知ることもできます。パートナーとペアで行う発声訓練法も紹介!

このページのTOPへ。 


第8章 響きが豊かな身体
第8章では、豊かに響く声を出すための、正しい姿勢・筋肉使い方を

学びます。あなたの体を楽器に見立てて分かりやすく解説。

途中先生が、皆さんの後ろにまわって指導、一部立体的な音声で

収録しました。

このページのTOPへ。 


第9章 声域 声の幅

第9章では、声域の拡大が、表現力・歌唱力の拡大に繋がる事に

ついてお話しします。プロの声優、アナウンサーとして活躍する

為に声域の拡大は欠かせません! この章は声量と声域の違いに

ついて分かりやすく説明する理論篇です。

このページのTOPへ。 


第10章 実践 声域を拡大する

第10章は、音域を拡大する為の実践篇です。先生のピアノに

合わせて一緒に発声しましょう。高い声や低い声、大きい声や

小さい声を使い分けることが出来るようになります。この章を

繰り返し聞き、一緒に発声することで体に覚え込ませて下さい。

あなたの発声も変わるはずです。  

このページのTOPへ。 



第11章 声の音色
第11章では、声の音色について考えていきます。

客観的に自分を見てみましょう。豊かな響きの声を作るには、

どうしたら良いか? 明るい声、暗い声、硬い声、柔らかい声、

ぼやけた声、はっきりした声、いかに声を変えるかは身体の

部分をどう鍛えるかにかかってきます。どういう時にどういう

声が出るかを先生が実践して聞かせてくれます。 このページのTOPへ。 



第12章 声の出やすい身体
第12章は、声の出やすい身体に鍛える。青式で重視している

ストレッチを指導します。

青先生の指導通り、体を動かしてみましょう。簡単そうですが、

ちょっとキツイ、しっかり身体に効いてきます。

このページのTOPへ。 



第13章 下半身の鍛え方
第13章は、下半身の鍛え方、インナーマッスルを鍛える、とは?

どんな方法があるかお話します。プロを目指している方、

自分の声に自信のない方、青拓美のボイスレッスンで、

あなたも「豊かに響く声」を身に付けましょう。

このページのTOPへ。 



第14章 滑舌
第14章では、滑舌のお話をします。

どういうことを滑舌が良いと言うのでしょうか? 母音と子音の

使い方の説明。「ま行」「さ行」を例にあげてレッスンします。

また、子供の声は、何故耳に残るのか?というお話も納得です。

このページのTOPへ。



第15章 滑舌を良くする
第15章は、滑舌を良くする為の実践編です。「ま行」の練習。

先ず口元から、そして、先生のピアノに合わせてレッスンします。

「か行」の練習。「た行」の練習。「さ行」「は行」について。

「さ行」の練習。

このページのTOPへ。



第16章 ま行・さ行の練習
第16章では、「ま行」と「さ行」の練習を集中的に行います。

先生のピアノに合わせてレッスンしましょう。

1回毎に先生と皆さんで交互に練習できます。

このページのTOPへ。



第17章 は行 集中レッスン
第17章では、息が漏れやすい「は行」を集中的に取り上げました。

口元の説明、母音、子音の説明から入り、音程をつけていきます。

そして、先生のピアノに合わせてレッスン、

1回毎に先生と皆さんの交互練習と進んでいきます。

このページのTOPへ。



第18章 口元・舌
第18章では、口元の筋肉の鍛え方、使い方を説明します。

口笛、歯笛を例にあげて説明、

これを、言葉や歌に当てはめて考えます。

基礎篇の最終章です。

このページのTOPへ。



 
* iTUNES STORE でお求め下さい。各300円

◆青 拓美(あお たくみ)プロフィール
東京芸大声楽科卒。在学中よりポップコーラスで活躍。NHK「歌謡ホール」「紅白歌合戦」、TBS「ドリフターズ 8時だヨ!全員集合」5年間番組終了まで、他、TV、 録音等に多数参加。その中で日本語の勉強と発声法の必要を感じて演劇に参加し研鑽を積む。音楽療法の専門家として医学的に合理性のある発声訓練をすることで、より豊かな・個性的な声を伸ばすと声のプロから絶大な評価を得ている。




このページのトップへ。